アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
kabuのブログ
ブログ紹介
さんこうき(山行記)というホームページの容量が制限値に近づいたので、新しくこのブログを立ち上げました。
引き続き"さんこうき"のほうもよろしく !
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kabutoya/
zoom RSS

シメ

2018/11/29 17:31
11月27日とある公園のお山で野鳥撮影です。

このところ腰の具合が悪く、大好きなヤマセミ撮影は自重気味。
少し気晴らしに小鳥撮影に行ってきました。
駐車場から撮影ポイントまでは短い坂道歩きですが腰に負担がかからないようサンヨンと小型の三脚を担いで臨みました。

シメです
画像


画像


ヤマガラです
画像


画像


ジョウビタキの♀です
画像


画像


ウソとミヤマホウジロが入っていないか期待していきましたが残念ながらまだ時期が早いようでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


西沢渓谷

2018/11/15 21:44
11月13日 ブラリと西沢渓谷へハイキング。
9時半自宅を出発。西沢渓谷入口手前の「道の駅みとみ」に12時丁度到着。
以前ここを歩いたときは、反時計回りで散策したが今回は逆まわりで渓谷の一番の見どころ「七ツ釜五段ノ滝」を最初に目指し単純な遊歩道あるきから始める。あとから知った事だが安全に歩いてもらうため沢下りを避け反時計回りで散策することを推奨しているらしい。
また、遊歩道は冬季間12月から翌年4月末まで通行禁止になるとのこと。

以下掲載の画像は時系列は逆順に掲載しています。
画像


画像


画像


画像


西沢渓谷最大の見どころ「七ツ釜五段ノ滝」
画像


紅葉は完全に過ぎていて期待はずれ、天候も時折霧雨が降り良くはなかった。しかしピーカンよりも落ち葉の色が深く映り写真撮影には好条件だった。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


エゾビタキとコゲラと??ビタキ

2018/11/10 19:46
ヤマセミ撮影は相変わらずの不調が続いています

少し気分転換に、小鳥狙いで近場の公園に行ってきました。
出遅れのため、良い撮影ポイントを確保できず完全逆光ポイントです。

ヒタキ類の雌はジョウビタキとルリビタキ以外、種類の判別がよくわかりません。コサメビタキかな?
画像


画像


画像


エゾビタキです。本当はこの子が目的で行きましたがたくさんは撮影できませんでした。
画像


コゲラはたくさん撮れました。
画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


約3ケ月ぶりのヤマセミ

2018/11/01 10:52
ヤマセミ撮影、今回の連続ボウズは長かった〜

10月22日、久しぶりの至近撮影は、近すぎて30ショット程連写したがフォーカスリミッターを外すのを忘れて殆どのショットがアウトフォーカス。辛うじて嘴と眼の部分だけにフォーカスがきているのが1ショットのみ。
画像


同時に飛んで来た雌は対岸の石の上に。
画像


僅か90秒程のシャターチャンスでしたが連続ボウズ脱出となりました。
しかし、その後も都合4回ほど渓谷へ出向いていますが、遭遇確率は25%と相変わらず状況は変わらずです。

変り映えしませんが後日の撮影を2点ほど
画像


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


会津磐梯山

2018/10/20 22:48
10月13日、福島県の会津磐梯山に行っってきました。
2011年8月八方台から一人で登って以来ですが、今回は翁島コースからでしかも11名のメンバー構成です。

登山口にあるスキー場の駐車場に深夜2時半頃に到着。テントを張り仮眠。6時起床。
これから目指す磐梯山山頂には雲が掛かっていましたがまずまずの天気です。
しかし、仮眠中は夏用のシュラフに入っていましたが寒くて何度か眼を覚ましました。
画像


短いスキーゲレンデを1本登ると、本当の登山口です。
下山時にわかりましたが、クルマはここまで入れるようです。
画像



山頂直下です。
磐梯山全体まだ紅葉の見頃には少し早いようでした。
既に同行のメンバーは山頂に着いていて私は15分程遅れて到着です。
今回に限りませんんが、体力のなさを痛感します。
画像


下山時に雲が少し晴れ眼下に猪苗代湖が見えました。
山頂ではいっとき雲間から裏磐梯の桧原湖も見えましたがシャターを切るチャンスを逃しました。
画像


下山はなんとかパーティ全体のペースに遅れることなく歩くことができました。

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


谷川岳に行ってきました。

2018/08/25 09:03
8月19日 17年ぶりに谷川岳に行ってきました。
たどったコースは、ロープウェイとリフトを乗り継いで天神尾根を登り、西黒尾根を下りました。

リフト終点地点から天神尾根のほぼ全コースが見渡せます。山頂のトマの耳とオキの耳もはっきり見えました。
画像



湯檜曽川を挟んだ対岸の白毛門岳です。
画像


画像


トマの耳から見た、もう一方の山頂オキの耳
画像


画像


トマの耳直下の天神尾根を登る人たち。
画像


西黒尾根上部から下りのコース。
画像


画像


西黒尾根は一般コースですが鎖場が4か所ほどありロープウェイ駅の土合口駅に着く1時間より前に大分体力を消耗しました。
それでも1日好天に恵まれ爽やかな夏山でした。




記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


7月8日のヤマセミ

2018/07/15 10:49
7月8日のヤマセミです。
普段であれば陽が昇る薄明るい時間、今の季節だと4時半ころ姿を現してくれる時間になっても何の気配もなし。
今日はボウズかと思いながらウトウト。

しばらくし完全に陽が昇った5時43分。甲高くけたたましい鳴き声を立てて上流側の至近枝に雄が飛来。

また、雄がこの枝に止まる寸前に雌が声も立てずに対岸にほんのちょっと姿を現したようですが私は見逃しました。

ノートリです。
画像


これもノートリです。
画像



ほぼ正面顔です。トリミングあり
画像


飛び出し前の連続カットです。3枚目のカットは少し足が浮いています。ノートリです。
画像


画像


画像




下流の枝に止まりました。ノートリです。
画像


最初に止まった枝より少し距離があります。トリミングしてみました。
画像


上を向いたので顔がいい具合に明るく写っています。
画像


画像

画像


画像


画像


今回も枝どまりの撮影でこれといったサプライズはありませんでしたが、久しぶりに陽の当たる時間に至近枝どまりが撮れました。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


渓谷のヤマセミはいつもと変わりなく

2018/06/17 21:25
6月17日現地に丁度4時着。すでに薄明るくなっているので急いでブラインドを張り機材をセット。
すでに準備を整えスタンバイ状態の方々にはさぞやヤキモキさせたことと思います。すみませんでした。
一年の中で日の出の一番速いこの時期、あと30分早く家を出ないとダメなようです。反省です。

準備を終えた直後の4時30分、下流から"ケッ"と一声。こちらへ一直線に向かってくるヤマセミの姿を確認。
一番近い止まり木に来ました。

ノートリです。
後ろ向きの姿でイマイチですが準備を終えて5分もしないうちに至近止まりとはラッキーです。
画像


首筋に少し色がついているのが見えるので雄ですね。これもノートリです。
画像


2回目のお出ましは、もう撤収しようかなと考えていた8時30分。上流からか下流から飛んできたのは分かりませんでしたが対岸の止まり木に今度は雌が止まっていました。
これもノートリです。
画像


以下トリミングしています。
画像


画像


画像


画像


今日のヤマセミは採餌やホバリングというようなパフォーマンスはありませんでしたがいつもと変わりなく元気な姿を見せてくれました。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


5月12日のヤマセミ

2018/06/03 21:21
今週は所要のため鳥撮りに行けなかったので、すでに20日ほど過ぎてしまいましたが5月12日に撮影したヤマセミです。

夜が明けてすぐ下流から飛んで来て対岸に雄のヤマセミが止まりました。
肉眼では確認できませんでしたが小さな魚をくわえてきました。それも尾を先に銜えた給餌の態勢です。
雌への求愛給餌なのか雛への給餌なのかよくわかりません。いずれにしても今後の展開が楽しみです。
画像


画像


画像

止まっていたのは1分弱のようでしたが姿を見つけるのに後れを取り、撮影できたのはほんの一瞬でした。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2年ぶりのコマドリ

2018/05/12 18:05
ゴールデンウィークの5月5日。2年ぶりに峠のコマドリを撮影に行ってきました。

まずは朝日が当り色合いが気に入っているカットです。
画像


コマドリよりもステージの上でよく囀ってくれたコルリに人気が集中していました。
画像


このキビタキ君も何度も来てくれました。
画像


画像


画像


画像


今回は700カットほど短時間で撮ることができました。次回の更新はこの続きになる予定です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月30日のヤマセミに大満足

2018/05/03 09:20
4月30日のヤマセミです。

今年初めて至近の枝どまりが撮れました。
今回の前にこの至近の枝に止まったカットを撮れたのは去年の11月4日。ほぼ半年ぶりです。

同じようなカットばかりですが、やはり至近で撮れたピンピンと立った冠羽が解像しているカットを撮れた時の達成感は格別です。

最初のカットはノントリミングです。
画像


画像


首のあたりを盛んにカイカイしていました。
画像



画像


まだ薄暗くSSが稼げないので動き物は証拠写真レベルにしかなりません。
画像


至近の枝から飛び出し、上流20mくらいのところへ移動しました。
この後3度ほど水面へダイブしカエルを捕食しましたが捕食のシーンは手前の倒木の陰になり撮影できませんでした。
画像


画像


画像


今回の成果に気をよくして、これからも頻繁にこの渓谷へ通うことになりそうです。

記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


やっと、久々に、少し、・・・・・でも、変り映えなく、証拠写真

2018/04/15 11:10
今回のタイトルは、マイナーなワードの連発で決めさせていただきました。

ただ、気分は上々です。
性懲りもなく毎週1回以上ヤマセミ撮影のために早朝より渓谷に通い続け、この1ケ月半はシャッターを1度も切ることがなく全く成果なしで終わっていました。

しかし、昨日4月14日はブラインドを張った傍の立ち木にヤマセミが止まってくれました。それも雄雌で。
久々に満足のいくヤマセミ撮影行でした。


朝一のお出ましは、70m先の下流に止まっているのを確認。そしていつも通り目の前を通過し、上流100m先位の木の枝に止まりました。一応視界に入っているのでせめて証拠写真くらいはと思ってシャッターを切りました。
画像


一瞬約10m先の至近の枝に止まった雌を見失い撮り損ね痛恨の極み、対岸の枝に移動したのを何とか撮影出来ました。
右に止まっている雄はこのカットを撮影している時点では、背景に紛れていてこの雄が止まっていることがわかりませんでした。
画像


画像



画像


上流約100m先で雄がダイビング。大きな魚をゲットしました。大きすぎて飲み込むのにゲットしてから30分くらいかかっていました。遠すぎて証拠写真です。もっと近くに来てくれれば...
画像



また先ほどと同じ対岸の枝に雄だけが止まってくれました。
今まで1ケ月半通過だけで終わっていたのに、今回は2回も写程圏の枝に止まってくれたのは本当に幸運でした。
画像



画像


画像



今回の結果は今までの不調から脱する兆しが見えたような気がします。 
が、そこは気まぐれなヤマセミの事。期待しつつかつ気長にこの渓谷に通うことになりそうです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


3月3日のヤマセミ

2018/03/11 21:55
3月3日、1月20日以来久しぶりのヤマセミ撮影成功です。
被写体までの距離は40メートルくらいで成果というには微妙な距離ですがボウズ回避です。
溜まり場もまだ安定していないと言うか、分かっていない状況なので今後もボウズの日々が続きそうです。
画像


画像


画像


画像
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


エナガ

2018/03/04 08:53
2月中旬、特に目当ての鳥もなく、三脚を持たず300mmをぶら下げて公園に様子を見に行きました。
シロハラ、ヤマガラ、シメなどのほかエナガの10羽くらいの群れがそばに来てあそんでくれました。
エナガは珍しい鳥ではありませんが、今まで撮影する機会が少なかったため今回は思いっきり大量に枚数を撮らしてもらいました。
画像


画像



画像


画像


画像


水浴びをした後のため、羽根が濡れていました。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


トラフズク

2018/02/21 09:11
トラフズク。5年ぶりの再会です。

個体の世代は変わっているかもしれませんが5年前と変わらず元気でいてくれました。きっとこの公園のご近所の方々が温かく見守ってくださっているおかげでしょう。

しかし、どこのトラフズクも同じように昼間はなかなか目を開かずシャターチャンスをくれません。
一羽の個体のシャッターチャンスを狙ってじっと待っているそんななか、
「 こっち、こっち。目を開いてるよ!」と、他の一羽を観察していたこの公園のご近所さんと思われる若い方から声をかけられ移動してみると、真上でパッチリと目を開けていました。
おかげさまで、ヤット今回のお気に入りを撮ることができました。ありがとう!
画像


画像


こちらは、なんとか薄眼を開けてくれた別の一羽です。
画像


画像


こちらはまた別の一羽で、なかなか目を開けてくれません。
しばらくしてから、こちらの様子をうかがうように、薄眼をあけてくれました。
画像


画像


画像


トラフズクの撮影は姿が見えていてもシャターチャンスがくるまで待ちの時間が多く大変です。しかし目を開いた凛々しい姿を撮れた時は気分最高です。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


リュウキュウサンショウクイ

2018/02/12 09:43
2018年2月9日、某公園でリュウキュウサンショウクイを偶然観ることができました。
初見/初撮りです。

私の隣でカメラを構えていた方が背後の樹の上にサンショウクイがいるといって盛んにシャッターを切り始めました。
私も早速他の4、5人のカメラマンの方々と一緒に撮らしていただきました。

この鳥が去ったすぐあとに来られた方の話によると、サンショウクイは夏鳥なのでこの時期ここにはいないはず、サンショウクイに似ているとしたら、それは留鳥の「リュウキュウサンショウクイ」だと思います。とのこと。

帰宅後、「リュウキュウサンショウクイ」でググってみると、本来沖縄県や九州南部にのみいる留鳥だが、温暖化のせいか近年関東でも目撃情報が報告されているとのこと。
この公園でも、2年ほど前に初めて目撃され、当時新聞の地域版にもトピックとして記事が掲載されたようです。
温暖化がさらに進めば、今後生息域が北上し関東でも珍しいものでもなくなることが予想されます。
珍鳥とまでは言えませんが、まずは「リュウキュウサンショウクイ」の初見/初撮りです。


チョット見や色合いは、セグロセキレイににていますがセグロセキレイより丸みをおびている感じです。
画像


画像


同一フレームに2羽を収めることはできませんでしたが、2羽で結構長い時間我々の周りを飛び回り、たくさんシャッターチャンスをくれました。
画像


画像


画像


そのほか、当日は可愛いエナガが群れで現れてくれたりして、近頃のヤマセミ撮影不調の憂さを晴らすことができました。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


コミミズク。 今季初撮り

2018/02/07 16:24
2018年2月6日、コミミズクの今季初撮りです。
2014年以来、久々4年ぶりのコミミ撮影でもあります。

コミミのポーズもフォーカスも良いのですが、わたしの位置取りが悪かったため背景がいけません。悔いの残るカットです。
画像


飛翔の連続カット3葉です。
太陽が雲に隠れていたため、色気がありません。
画像


画像


画像


撤収間際に陽が射し、辺りは夕焼けに染まりました。
画像


夕焼けの中での飛翔です。少しフォーカスが甘いですが当日のお気に入りのショットです。
画像


今季もう一度くらい行ってみようかな。
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ルリビタキ。人工物止まりをメインに

2018/01/28 10:02
タイトル通り人工物止まりのカットをアップというのはどうかなと言ったとこなんですが、
それなりにモデルのルリビタキが綺麗に撮れているのでこれもありかなと
またバックのグラデーションとボケ具合も個人的には気に入っています。

画像


左側にある木の実は何か唐突で不自然な感じでしたが、カメラマンの誰かがアクセントにと立て掛けたものと後からわかりました。
画像


画像


画像


画像


人工物止まりのカットだけでは情けないので、普通のカットも少し.......
画像


画像



画像


画像
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


大人の写真 ?

2018/01/24 10:22
此の頃、一部の鳥撮りを趣味としている方々のブログを拝見していると、
鳥の拡大写真をブログに載せて、所謂”ブログ映え”を狙うのではなく、
あえて自然に見えたままに画像内に占める鳥の割合を抑えて周りの景色などとの調和を狙いとした”引きの画像”をブログに載せるのが少しトレンドになっているようです。

このような画像はインパクトは小さいですが、自然のままの画像ゆえにゆったりとした気持ちで観賞することができます。
そしてまた、このような画像を”大人の写真”と呼んでいる様です。

私もこれらのカメラマンの方々に倣って、1月20日に撮影したヤマセミの写真を横方向トリミング無しの”引きの画像””大人の写真”にチャレンジして見ました。

残念ながら岩の上にチョコンと乗っかっただけで、周りの景色が不明瞭で殺風景なヤマセミの写真では自然の雰囲気を感じる”大人の写真”としては失格ですね。
画像


画像


画像


画像



先日1月22日南関東は4年ぶり久々の降雪&積雪でした。ヤマセミ渓谷沿道路のこの雪が解けるまでのこれから1週間から10日間くらいはヤマセミ撮影はお休みです。
当面近場の公園にルリビタキなどを撮りに行く予定です。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


2018年ヤマセミ撮り初め

2018/01/18 13:13
1月4日今年初めてのヤマセミ渓谷へ出向くも成果なく、昨年11月4日から年またぎ2ヶ月まるまる連続のボウズです。

それでもめげずに1月8日も今年2回目のヤマセミ渓谷へ。
ブラインドから対岸50メートル位と距離はありましたが久々にヤマセミをファインダーの中で確認しながら10数回シャッターを切ることができました。


撮影できたカットは本当に”しょうもない”証拠写真ですが2ヶ月ぶりにボウズから脱けだすことができました。
とりあえずめでたしめでたし。

画像


画像


画像


その後14日にも行きましたが、午前中ヤマセミの声も姿も無く、またしてもボウズでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

kabuのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる