kabuのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月13日と22日のヤマセミ

<<   作成日時 : 2017/08/16 11:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月13日。
3日前の10日、今年の幼鳥の初お目見えに気をよくしてあまり間を開けずにヤマセミ渓谷へ行きました。

明るくなり始めた5時ころ、早々に雄雌親鳥がつがいで仲良く現れました。と、最初は思いましたが・・・
画像
左側の個体はヤマセミの幼鳥時の特徴である、首周りに少しくすんだオレンジ色と、羽の下の横腹部に少しオレンジ色が見えます。
ということは、この個体は幼鳥かもしれません。しかもこの前10日に撮影した幼鳥とは冠羽の長さがまったく異なるので今年2羽目の幼鳥確認ということになりますがこの時点では確証がありません。


雄親と幼鳥と思われる2羽が去った後しばらくしてから雌親が単独でそばに来てくれました。
先ほどの2羽とは明らかに違う個体なのがわかります。
やはり先ほど2羽で飛んでき左側の個体は幼鳥ということになります。
画像



雌親は魚をとり子供へ持っていくこともなく自ら食べました。
画像



画像



画像



画像



画像



画像



食事の後は、お決まりの水浴びです。人間に例えると、食後の歯磨きみたいなものです。
画像


7月17日もこのポイントへ行きましたがヤマセミの声も姿もなくボウズでした。
相変わらず好不調の波は大きいです。というかここ3ケ月位は不調のケースが圧倒的に多いです。


7月22日。この日は雌親と冠羽の長い方の幼鳥来てくれました。

7月13日に確認した冠羽の長い方の幼鳥と思われる個体です。
画像



画像



雌親と幼鳥が対岸の茂みに止まりましたが距離がありそして枝かぶりです。
右が雌親、左が幼鳥です。
画像



雌親が枝から離れて上流へ行くとすぐ幼鳥も追いかけていき、この日はこれで終わりでした。
画像

7月13日、17日と22日は10日に初お目見えした冠羽の短い幼鳥は現れませんでした。

次回の更新は7月29日に撮影した幼鳥の近距離撮影カットを掲載予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
7月13日と22日のヤマセミ kabuのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる